クレルモン・レロー組合

クレルモン・レローの地域と組合

フランスのラングドッグの中心、地中海にも近い海と山に恵まれた、大変気候の優れた土地。
とても品質の高いオイルを製造してきました。フランス最大のパリ農業コンクールにて、数々のメダルを受賞しています。

クレルモン・レロー組合の歴史

クレルモン・レローや、その周辺で豊富に収穫されるオリーヴからオイルを製造する目的で1920年に発足。
1956年の大寒波で、この周辺の6つの組合が活動停止を余儀なくされ、周辺のオイル業者は収穫されたオリーヴオイルの製造を、エロー県唯一残った、クレルモン・レロー組合へと依頼するようになりました。
エロー県唯一の協同組合業者として、2代目の責任者は女性ならではの繊細な感性で、質を重視し、独自の製造方法を確立。そして現在3代目は伝統を守りつつ、よりよいオリーヴオイルの生産に取り組み活躍しています。

クレルモン・レロー組合オリーヴオイル トラディショナルブレンド

南フランス原産のオリーヴの実を収穫し、搾油した大変香り豊かで、バランスの優れたオイルです。
フランスの国会議員会館や大統領の食事会でもふるまわれているオイル。
南フランスでミュランの星を獲得している数多くのレストランで使用されています。
毎日の食卓やパンの風味を、より一層お楽しみいただけます。

クレルモン・レロー組合オリーヴオイル トラディショナルブレンド